アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2008年10月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保養地での?
昨日の日曜日、地域の方々とバスに揺られて近くの温泉保養地に出かけました。
温泉と言っても冷泉を沸かしている山村振興のための施設です。
後期高齢者の諸先輩が殆どで、我々はその盛り上げ役として参加しました。

酔いが回るにつれ先輩方を差し置いてマイクを握っている自分に気づき、慌ててリクエストを
頂きに廻ります。
昔乙女の方々も精一杯声を張り上げます。
人工湖に面する施設です。幾ら大きな声を出してもどこからも苦情は来ません。

その間に、何度目かの入浴に行く方も出て来ます。
部屋の出入りに際し、時々アッとかオッとか声が聞こえます。
何事ならんと見に行きました。
アララという造りになっています。
レイクランド携帯での撮影のため鮮明では無いですが。
8畳の三部屋を通して使っているのですが、それぞれの出入り口の内1箇所の写真です。
廊下と座敷の段差約20cm。二分割で式台が設置されています。
この1箇所だけ式台にスロープが付けられています。スロープ長さ約40cm位でしょうか。

スロープを昇られた方は、そこが座敷だと勘違いしてもう一つの框に足を引っかけているのです。
しかも、ご丁寧にこのスロープにはてかてかとニスが塗られています。
お風呂上がりに気持ちよく聞こし召した高齢の方が、お帰りの際にそのスロープに足を乗せられる。
どうなんでしょう。
酩酊の中何も言わずに帰りのバスに乗りましたが、今になって心が・・。

当地の施設であれば、何らかの改善策もお願い出来るのですが何せ外来者。
入らぬお節介かもと思ってしまいます。
しかも単なる酔っぱらいの戯言(たわごと)と取られかねません。

お酒を飲んでも気の弱いぼくとです。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
公開講座への参加
先日、所属のライオンズクラブで献血活動を行いました。

会場がスーパー駐車場でしたので女性の献血者が大半でした。
9時から17時までで64人の参加者、うち献血して頂いたのが48名の方々でした。
男性参加者は概ね献血可能ですが女性の場合は血沈の判定が悪く(沈まない)、ご意志通りに行かない事もあるようです。

女の子が二人連れで「献血出来るのは何歳からですか?」と尋ねてきました。
「18才からです」と答えると「ホラやっぱりダメじゃん」と帰っていきました。
「来年?待ってるよ」と心の中で呼びかけました。こういう事が嬉しいですね。
献血頂いた方、参加頂いた方、有り難う御座いました。

私も最近メタボ対策を行っている関係で心配していましたが、スムーズに沈下していきました。
血圧も70台から130台で概ね良好の判定でした。
あとは分析のハガキを待つだけです。これが結構怖いのですが。

公開講座について。
[READ MORE...]
ケアマネ研修会
先週の9日にケアマネジャー対象の研修会が行われました。
部外講師をさせて頂いている機関の、施設を地域利用して貰う施策の一環です。

午前中と午後の部に分かれ、それぞれ十数人のケアマネと幾人かの高齢福祉課の職員が参加
しました。
ワンクール3時間のスケジュール。
1.車椅子自走者のための模擬棟改修プラン立案。
2.模擬棟内での実走体験。
3.その後、体験ゾーンでの様々な走行メニューの体験を行います。

模擬棟内での実走体験は、狭い屋内でもあり一度に数名ずつしか参加出来ません。
その他の方は棟外で待機となります。
ここがこの研修のネックになるだろうと思っていましたが、案の定、待機の方は手持ち無沙汰で
困られたそうです。
受講生の場合は、その間に別の訓練メニューがあるのですが。

1.プラン立案は、いきなり車椅子対応改修の済んだ建物を見てもピンときませんので
  改修前の写真・平面図を参考にどの箇所に問題点があるかなどを検討して頂き
  一定の認識を持って頂くための時間です。
2.実走では、車椅子の操作方法や扱い方も経験します。
  ・ベッドに座ったまま車椅子の向きを変えるには。
  ・便器から車椅子を遠ざける際のポイント。
  ・選択した車椅子種類による、改修効果の違いの感得など。
3.通路巾と開口巾の数値的な相関関係や車椅子走行と手すりとの相性。
  スロープ併用階段の昇降体験では、参加されていたPTさんが感動されて何度も昇降されていました。

介護研修で車椅子の平地走行を経験された方でも、スロープの走行体験は初めての方が殆どでした。まして併用スロープは皆さん初めての経験でした。
たしかに、その様な経験が出来る施設は殆どありませんから。

研修後、私の方と職員講師の方にそれぞれお一人、研修に参加された方が見えてこの施設を自分たちで利用するのにはどうしたらよいのか聞きに見えました。
施設の地域利用という初期の目的は達成されそうです。

ゾーンに様々追加の体験コースを造っていますが、以前長野のhareさんという方から頂いた
「通路から段差のある居室へ昇降する場合、1本の手すりしか付けられないとしたら・」の命題も
体験ゾーンの中に作ってしまいました。(ブログでも課題として提示しましたが)
全国でここだけだろうと思います。そのゾーンがあるのは。

肝腎の参加された方々の感想は・・?
又、その内に機会があればお伺いしてみます。と言い流し。




スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
新鮮な体験
ご同輩は「協会けんぽ」という言葉をご存じでしょうか。
恥ずかしながら私は、ごく最近耳にしました。
国保加入の立場だからかも知れませんが。

一般中小企業の皆さんが加入している健康保険は政府管掌健康保険です。
これは私も知っておりました。

これが今年10月1日より、全国健康保険協会(協会けんぽ=各都道府県が支部)に変わるそうなのです。
最初の一年は給付率も変わらず、今まで通りで保険証だけが新しくなるだけのようですが
1年以内に各都道府県毎に保険料が決定されるそうです。

医療給付の最も高い北海道と最も低い長野県ではかなりの差があるようです。
長野県は昔から健康志向が高く、高齢の農業従事者も多い県だそうです。
しかも、殆どの県民が県民歌を歌える県なんて憧れてしまいます。
まあ、それは置いておいて。

後期高齢者医療制度の発足時に、周知がなされていないことが混乱の原因であるとあれほど
言われていながら又このていたらく。

保険料が下がるところはともかく、上がるところではそれなりの混乱が予想されます。
それとも、高齢者の場合と違って一般労働者は理解が早いとでも思っているのでしょうか。
とんでもない、高齢者でもしっかりしている方はしっかりして居られるし、一般労働者の方でも人それぞれで・・。

最近は、国民生活に直結する事案が、政局の中に埋没してほか(ほかす)されているような気がしています。

新鮮な体験については下記へ。

[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。