アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2008年03月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験ゾーン
機関での次年度課程の打合せがありました。
私以外の、外部講師の方2名を加えての打合せ会議です。
最終的には上部機関の決済を待って本決まりとなります。

講師の方々と構想を練っていたプランも検討して頂きました。
従来の実習棟のスペースが空くので何かに活用しようということなのですが、体験ゾーンはどうだろうというお話しがでていました。

車椅子の走行体験をするに際して、臨時に合板等を組み合わせてゾーンを作っていたのを作り置きにしようという計画です。

出来るだけ予算を使わずに内々で作成出来る物をというのが骨子です。
私からも叩き台としてのプランを出させて頂きました。

以下。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
改修プラン
 一般の方を対象にしたセミナーが終了しました。
毎日曜日の連続5日間、参加者の皆さん大変だったろうと思います。
要支援1~要介護3のプランを立てて体感装具を付けての移動検証。
それぞれ何かを持ち帰って頂けたかと思います。

業務として手すりの取付や段差の解消などを行っておられる工務店さんも参加されていましたが、
総評としては訓練生のプランに比べて細かな配慮が足りないように感じました。
言い換えれば、テキスト通りというか対象者の特質に関係なく、これはこういうものだという思い込みが多かったように思います。
訓練生に対しては充分な講義時間も与えられているため、なぜその形状の手すりなのか・どう使われるのか・設置の位置は対象者のどういう根拠で決まるのかなど細かな話も出来ますが、限られたセミナーの時間では充分にはお伝え出来ません。

福祉用具の活用についても、カタログだけでは実感が湧きません。
それは訓練生も同じです。

シャワーキャリー(入浴用車椅子)に座ってみなければ、座り続けることの苦痛は分かりません。
10分間同じ姿勢で座っていられたら相当我慢強い方だと思います。

「ポータブルトイレのバケツ(排尿排便を貯める器)の中身はどこに捨てますか?」
 「トイレの便器の中に」
「それでは、捨てた後のバケツはどこで洗いますか?毎日お風呂場で洗いますか?若い同居者が嫌がりませんか?」
 「・・・」
そこまで答えを用意して、初めてポータブルトイレの利用を推奨することが出来ます。

セミナーに参加して頂いた方々のお陰で、今後の課題が見えてきたように思います。
次回は8~9月開催予定です。
今回を踏まえて、もっと充実させる予定ですので希うご期待。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
便座と手すり
 体験装具というものがあります。視覚障害や移動障害を持つ方の生活状況を体験して貰うという装具です。
最近では、中高生にもその装具を付けての教育コースが組まれています。
良いことだとは思うのですが、指導の仕方によってはその不自由さを強調するだけに終わってしまうことがあります。
結果、自分はそうでなくて良かった。そうならないように気を付けよう。
又は、こういう不自由さを持つ人は気の毒だ。いたわらなければいけない。
それは体験の本来の目的とは違うと思うのですが。

ともあれ、講座でも装具着用での改修結果の検証を行います。
体験装具歩行
装具を付けての動作には個人々で大きな差があります。
着用の不自由さを克服してあり得ない(想定した高齢者には)腕力で動作が出来たことを誇りにする方。
過剰なほどの演技?を行いながら移動する方。
麻痺側の足を宙に浮かせて移動をしようとする方。

要は、対象となる方々の実像を知らないまま単に不自由さを与えられるからだろうと思います。
障害を持たれた方のボランティア登場でという構想もあったのですが、プライバシーの問題やカリキュラムスケジュールに合わせての参加は容易ではないということでお蔵となっています。

表題の話です。

[READ MORE...]
家庭版:車椅子と住まい
 気が付けば長く不在のブログです。
業務の間に講座を行って、プラス一般の方の講座を毎日曜に行うなど私の能力からは不遜な試みです。
その間を縫ってブログを記載するなど、とてもとても。
まあ、ともかく。

表題のパンフを作成しました。
以下に。
[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。