アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2007年12月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

段差解消機について
先日、過去の受講生からの質問ということで、施設職員講師を通じて入浴用の手すりの質疑がありました。
尤も私が講座を担当する前の受講生とのことで、私との面識はない方とのことでした。
建設関係の会社に就職されたのですが、過去に会社が工事で関わったお宅から入浴用の手すり、特に浴槽からの立ち座り用手すりについて考えて欲しいと要請を受けたのでということでした。

講師職員の方からの電話での伝聞情報ですが、
以下質疑の内容です。

対象者の方が関節リウマチ疾患をお持ちで、丸棒のL型手すりでは上手く立ち上がれない。
浴室用の平型手すりをご存じないだろうか。
対象者の方は手指の変形拘縮が強く、手すりを握ることも出来ない状況である。
尚浴槽はユニットバスである。この様なお話しでした。

次のようにお答えしました。
「浴槽の現状も拝見していないし、対象の方の状態も分からないので一般的なお話ししか出来ませんが、浴槽底から身体を起こすための縦手すりの効用を平型の手すりで代用することは出来ません。本来目的が違います。」
「対象者の状況や浴槽の形状によって適切でない場合もありますが、一般的に考えられるのは浴槽内に入浴台を設置し浅い入浴姿勢を取っていただくことで立ち上がりを容易にすることが良いのではないでしょうか。」
「補助動作として、浴槽縁に手首から肘までの部分を押しつける事になると思います。」
「ご家族が了承していただければ、浴槽用リフトも選択の一つです。」
その後の結果は聞いておりません。

現在の受講生は、浴槽からの立ち上がりがいかに容易でないかを装具付きで体験しているのでこの様な質疑は上がっては来ないとは思いますが・・?。

質疑を上げた方は、関節リウマチの方は握る動作より押しつける動作の方が痛みが少ないらしいという情報はインプットされていたけれど、その本来の意味を感得していなかったために上記のような、該当製品探しになっていたと思います。
テキストや資料に書いてある記述をそのまま鵜呑みにせず、常になぜなんだろうと疑問を持つ姿勢がこの業務には必要だと思っています。

段差解消機について。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
車椅子対応リフォーム3
各県で地域ケア体制整備構想に関するパブリックコメントの募集がありました。
宮崎県でも今月17日締め切りで募集がありましたが、今日、県のページを見ると
「これについてのご意見はありませんでした。」となっていました。
他県では、数十件の意見提出もあるようで、県民の関心の無さなのか県機関の
公報が悪いのか甚だ恥ずかしく思っています。

お前はどうなんだという声が聞こえるようです。
実は応募したのです。しかしながら、FAXかメール応募の方式のうちメールに
ファイル添付方式を選択したため先方に到達しなかった可能性があります。
「ご意見はありませんでした。」というのは、そう言うことなんだろうと思います。
つくづく、スキルの無さを悔やんでいます。
連休明けに一応、問い合わせてみたいとは思っていますが。

では、3.を
[READ MORE...]
車椅子対応リフォーム2
タウンミーティングのご報告。
予定人員100名の企画予定でしたが、40~50名位でした。
少な過ぎるような気もしたのですが、こんなものなんだそうです。
もっと少ない時もあるとお聞きしました。

松尾先生のお話、素晴らしく説得力があります。ご自分の行動力と車椅子を操作しながらの
お話しですから当然といえば当然です。

パネリストの事前打ち合わせの際に、控室でこんなお話を聞きました。
「駅に電車が着いたとき、駅員さんがスロープ(二つ折りになっている)を電車の開口部と
ホームに渡しましたが、開口部がやや狭くきっちりとは平らにならなかった」
「私が躊躇していると、駅員さんは大丈夫ですよと言う。平らになっていれば自分で当たり前
に自立して移動出来るのに、いわば広いV型に開いているため昇降出来ない。」
「駅員さんはさらに、大丈夫ですよと言います。結局彼らの言う大丈夫ですは私たちが介助しま
すから大丈夫です。に過ぎない。」
「設計通り平らになれば自立して移動出来る人間を、介助がなければ移動出来ない人間に
している。今日は、こんな事はほかにも沢山あるというお話しもします。」

自立についてのお話し。そんなお話しが一杯でした。
私の役割、パネラーとしては何とかこなせたようです。司会者の方の運営や振りが絶妙で
日頃話したいこと・検証して貰いたいことがスムーズに出て来ました。
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
今回、企画運営された地元のFJC団体「ひむか福住研」さんに感謝。

表題について。


[READ MORE...]
タウンミーティング
タウンミーティングなるものが延岡市で開催されます。
取りあえず、そのお知らせを。

期日:平成19年12月9日(日曜)・・要するに明日です。
時間:13:30~14:50 基調講演
    15:00~16:40 タウンミーティング(パネルディスカッション)
場所:九州保健福祉大学 F講義棟

講演 松尾氏
演題:「自立(律)支援と福祉用具・住宅改修」
 
「パネルディスカッション」テーマ 「自立(律)支援のために今日からできること」
「基調講演講師」 佐賀大学医学部 松尾清美氏
 コーディネーター 鴇田一夫氏
 パネラー       松尾清美氏   國生正人氏
             覚張良太氏   首藤憲司(いもがらぼくと)

入場無料・申込み不要・駐車場有り です。

パネルディスカッションのパネラーなるものは、やったことがないような気がします。
私の話はともかく、
松尾先生のお話は、自らの車椅子生活を通してみたお話しですから、迫力と真実性に満ちています。
明日、ミュシャ展に行く予定のない方は立ち寄られたら如何ですか。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
車椅子対応リフォーム
 市内のスーパーの駐車場で、以前改修させて頂いたお宅の御主人をお見掛けました。
工事の時にお会いした時に比べて随分とお年を召したように見受けられました。

幾つか重篤な疾患をお持ちの奥様のために新築に近いリフォームをされていたお宅でした。
上手く仕えない箇所があるので相談に乗って欲しいと、担当のケアマネージャーさんからのご依頼でお伺いしたお宅です。

リフォームに当たり随分勉強しましたと言われるように、平屋の住居は全てフラットに造られ扉は全て引き戸でした。
モジュール(基準寸法)は1Mでした。(半間の物入れの場合、柱間の距離が芯~芯1M。一間の押入の場合2Mです。)
玄関ホールに続いた廊下は一間巾有り、お二人住まいにはとても広々した住居です。

しかし、奥様の6畳の療養室には様々な衛生・療養用具が置いてあり、とても手狭な様子です。
寝返りを容易にするため幅の広いベッドが、折角の廊下側出入り口の広い引き戸を塞いでいます。
療養室の隣に洋室の居間があるのですが、奥様のお世話をするために、ご主人用の簡易ベッドが置いてあります。
応接セットも片隅ながら設置されています。
それやこれやで、奥様を介助しての歩行にはかなり難儀な通路となっています。

”バリアフリー”を目指して設計して貰ったものの、疾患に関わる備品やベッドからの起床方向などがなんら考慮されていなかったことと介護の有り様が反映されていない事が明白な設計でした。

トイレには特に気を遣って貰いました、とのことでトイレ室に移動しました。
トイレ室は柱芯間で2m*2mの、引き戸仕様の広い空間でした。その左右壁の真ん中に便器が座っていました。ヤッパリ。
便器のセンターから左右の壁まで90cm以上。
見る前から予想は付いていましたが、天井も居室と同じ高さなのでかなり大きな空間に感じます。
便器の向こう壁の下には、奥様のための医療・衛生用具が床上に並んでいました。

ご主人の悩みの一つは、
「車椅子を移動介助して便器まで来ても、そこから便器への移乗が難儀である。またあれこれ必要なものを取ってやるにも不便である。狭かったのだろうか」

もう一つは、
「高齢者対応のユニットバスにしたが上手く入浴させられない。シャワー浴しかさせてやれないのだろうか。」

最後?のもう一つは、
「散歩に連れて行きたいが身体を抱えるのが大変で、腰を痛めてしまった。いい方法はないだろうか。」

本当に優しいご主人でした。奥様に対する口調は乱暴なんですが(ご出身は分かりませんがベランメー調でした。)、照れ隠しのようにも聞こえました。

対応工事については下記に。

[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。