アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2007年08月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントで思ったこと
先日コメントを頂いた方の内容から。

≪建築を専門的に学んだわけでも無く介護を本格的に学んだわけでも無く
たまたま福祉住環境整備に従事するようになってのめりこんでいます。
その為各分野の専門用語には疎く、動作分析にも方法論や理論はありません。≫
(投稿の方、無断借用お許し下さい。公開コメントでの投稿でしたので一部を抜粋させて頂きました。)

このコメントを拝見して、以前リハ職の方から「セミナーの時の資料にしたいので、貴方が住環境整備を行うときどの様な考え方で望んでおられるか教えて下さい。」とのご依頼があったときにお送りした文章を思い出しました。 

私は改修プランの立案において、その方の疾患やADLを主題として捉え、必要とされる環境を先ず考察し、しかる後建築技術的な可否の検討を行っています。

*注釈
(建築的アプローチを先行させたり、曖昧なままプラン立案を行うと「使えるはず。」
 「無いよりはまし。」「普通こうする。」といった言い訳に終始するプランとなりがちだと思います。建築的な考察を後にすることで、建築的なセオリーを無視してでも常に利用者の特性に沿うプラン立案を行う姿勢が出来ると考えています。)


1級建築士事務所を経営している友人が何人かいますが、小面積の住宅でも建築士に設計を依頼する方が多かった時代と違い、昨今は公共建築の設計を皆さんで分け合う(研究会=打合せ=?)状況となっています。
従って、個人々の身体事情に合わせた設計をするノウハウを持たれていない設計士さんが大半ではないかと思います。(勿論、卓抜した識見を持ち、活躍されている方々もいらっしゃいます。)
友人にしても、公共建築物のバリアフリー設計指針の資料を片手に設計をしています。いわゆる不特定多数の方々が対象のノウハウです。
しかし我々が対応しているのは、いわば”特定個人”の環境整備です。
自ずから出発点が異なっています。

要は専門的な建築知識よりも、どれだけ対象者に寄り添う気持ちがあるかの方がより一層重要だと考えています。

今年も福祉機器展が10月に開かれます。その中の面白い?記事から

[READ MORE...]
スポンサーサイト
業務の進め方の実例.2
作業棟での第1日目が終了しました。
午前中はそうでもなかったのですが、午後にはいると熱気ムンムンで厳しい作業環境でした。
天井扇は回転しているのですが、むしろ熱気を窓から呼び込んでいる様子でした。

ともかく受講生始め私も、何とか今日は乗り切りました。
予報では明日も素晴らしい晴天だとか。

前回の続きを。
[READ MORE...]
業務の進め方の実例
独立行政法人での講義が再び始まりました。
座学はクーラーの効いた講義室ですが、実技はコンクリート造の作業棟で行われます。
勿論、クーラーはありません。作業用扇風機が数台ありますが、改造対象の実習棟の中には風は届きません。
60才台の方も3名ほどいらっしゃいます。この猛暑の中、作業に耐えられるでしょうか。
そう言う私も、やや不安を持っています。こまめな給水と適宜休憩を入れることで事故を防ぎたいと思っています。

以前、真夏にマンション浴室に手すりを付ける工事を行ったとき、窓のない浴室の中で防塵のためにドアを閉め作業をしていたところ息苦しくなり呼吸も速くなっているのに気が付きました。
衣服もびっしょり濡れています。
這うようにして車に乗り込み、クーラーをガンガン効かせて何とか回復したことがあります。

夢中で作業をしていると、身体の異常に直ぐには気が付かないものですね。
この経験をお話ししてから作業に入って頂こうと思います。

受講生の方から、「講師はどの様な流れで実際の業務を行っているのか、実例で教えて欲しい」という声がありましたので少し書いてみたいと思います。

実務事例。 
[READ MORE...]
非常時の電源について。
過日電力関係の方から、「地域の保健所で非常時の電源確保について話をすることになっているが、以前貴方が作られた資料を使わせて貰って良いか」というお話がありました。

私が事務局を務めている勉強会の資料として作った、A41枚の簡単な資料です。
作ったきっかけは、当地域が過去にないほどの台風による洪水に見舞われたとき、電気を使用する福祉用具を使われている方々やご家族が長期の停電によって非常に困難な状況に陥ったことでした。

当時様々な情報を探しましたが、玉木貴(たまきたかし)さんという方が立ち上げて居られる「市民防災ラボ」(同名でWEB検索出来ます)の内容が私が求めている情報でした。

その情報に、電力会社からの情報を組み合わせて急遽作った資料でした。
災害の当時は施設を同心円の中心とした地域で、先ずペットボトルの飲用水が店の棚から消えました。ついでお弁当が消えました。
後で笑い話になったのですが、商店を経営している友人が「アイスボックスの冷菓が全部溶けてしまった。みんなに連絡して食べて貰えば良かった。」「しかし携帯の電源もなくなって連絡出来なかった。残念」

そうなんですね。電柱がバタバタ倒れても携帯は通じると思っていましたが、充電する電源がなければただの箱でした。

当時作成したまま何の訂正もしていませんので、不正確な内容もあるかも知れません。
しかしそんな機器もあるんだと言うことを知って頂き、更なる情報を求めて頂ければ良いかなと思って臨時的にホームページにA4資料をそのまま乗っけています。

興味のある方は、HPの「”new”7/8非常時の電源について」をクリックしてみて下さい。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
見積無料?
「輸入住宅お役立ち日記」という、輸入住宅を手がけて居られる方のブログからリンクのお話がありました。
比較的若い方(ご同輩よりと言う意味です)が概ね対象とのことなので、「中高年の・・」のブログの趣旨からはどうなんだろうと思いましたが中高年に優しい住宅は若い人にはもっと優しい住宅になるだろう?と考えてリンクをお願いしました。
プロの目線からのサポートというより、一般消費者と同じ目線からの解説が、優しい雰囲気を醸し出している爽やかなブログです。

見積無料?について。
[READ MORE...]
故郷の老親のためにあなたが出来ること。追伸3
先日、ケアマネージャー(居宅介護支援専門員)と話をしていたとき、本音がぽろりと出て来ました。

「担当する利用者の人たちは、身体の状況もさることながら家庭環境や経済状況まで様々な状況がある。それに合わせた介護支援計画を調整するには大変な労力がいる。また、それに伴う事務仕事も沢山ある。」
  *提供されるサービスは10種以上。その他に住宅改修・福祉用具関連

「認められている担当件数をきっちり消化するのも容易ではないし、予防介護は目一杯やっても報酬が低い。」
  *担当者一人当たり35人、予防介護の報酬は1/2以下。 

「そんな中で住宅改修まで関われと言われて、報酬が無いサービスで何回も訪問しなくてはならない、勢い家族からの強い要望でもなければアドバイスなんか出来ない。」
  *原則無報酬。一定の条件下で2,000-出す保険者もある。

「せいぜい出来るのは手すりの取付ぐらいで、それ以上予算のかかる改修なんて責任も取れないしアドバイスの能力もない。」

勿論、全てのケアマネージャーがこの様であると言うことではありません。中には勉強してきっちりアドバイスされる方もいらっしゃいます。
しかし、私が接するケアマネジャーさん達は大半同じ思いを持っていらっしゃるようです。

男性も多くなった職種ですが、まだまだ女性が多い職種です。
住環境の整備が必要なのは充分認識出来ても、手すり以外の改修には建築的な知識も必要です。その分野までケアマネージャーに負わせるのは酷だと思います。

環境整備の必要性までケアマネージャーが認識助言をする。
その後は保険者の責任に於いて対処するのが本当ではないでしょうか。

それでは追伸3    
[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。