アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術 2006年11月
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工事業者選定あれこれ
昨夕、私が事務局を務める勉強会に、外部講師として特老の管理者においで頂きレクチャーをして頂いた。
経営の話や拘束の話、事故の有り様など極めて率直なお話をして頂きました。
そこには、社会福祉法人としての理念と現実との大きな乖離がありました。
また、親が子を訪う障害児施設と子が親を訪う老人施設、家族が家族を見舞う事は同じであってもその会合の様子は大きく異なるとの話もありました。
「本当は、在宅で暮らせるのが一番良いのですよ」と言う講師の言葉が、現場をよく知る人の言葉として、強く印象に残ったレクチャーでした。

今日は、現実に工事を発注する際のあれこれについて。  
 
[READ MORE...]
スポンサーサイト
備えた方が良い手すりは
ホームページの手入れで一日が過ぎて行く。首は痛くなるし、目はショボショボ。
忙しい中で、休憩時間にテレビのスイッチを入れると時代劇をやっていた。「剣客商売」。
番組欄を捜してまで見ることはしないが、たまたまやっているとついつい見てしまう。
団塊世代の中高年に受ける要素が、これでもかと入っている。

自然に囲まれた、小さな庵。娘と言うより孫に近い幼妻、勿論才気走った小言も言わないし、くるくるよく働く。
息子は、剣術の腕は抜群だが常に父を尊敬し、世故に長けた父の意見に素直に従う。
息子の嫁は、文武両道に優れ且つ権力者の娘である。しかしながら、出自を鼻に掛けることなく、義父と主人によく尽くす。
行き付けの高級料亭に顔が利き、町の十手持ちとも昵懇の間柄。
あり得ない。あり得ないからこそ、そこに夢を見る。あの半分でもと。

今日は、ご質問にお答えします。
 
[READ MORE...]
ホームページ公開
会社のホームページを作成しました。
まだ大枠しかできていませんが、順次整備する事にして、出来ている分だけ公開しております。
事例集も充実していく予定ですが、アナログ思考の私に合った速度で更新していく予定です。
右欄の((有)住環境デザイン社のリンクから飛べると思います?。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
居室の変更について
余所事だと思っていた県政のゴタゴタが、我が県でも起こってしまった。
時あたかもゴルフマンスリーで、ゴルフトーナメントで注目を浴びるはずが、不祥事で注目を浴びることになった。非常に恥ずかしいことです。
公共事業関連の事業を営む友人は、「地域の関連企業を守るためには談合も必要悪だ」と宣(のたま)う。
過疎地の役場に勤める知人は、「道路が未整備な時代は、作業員が村内に宿泊して工事の期間中村内を潤してくれた。道路が二車線になり日帰りでの送迎が可能になった今、苦労して認可を受けた事業も住民にメリットが無くなった。地元住民を雇用する地域の会社に請け負わせたいのは当然である。官製談合は無くならない」。
又、こうも言います。「恒久的に保全出来る工事は行いたくない。大規模な工事であれば地元の小さな会社は参加に預かれないし、技術的にも困難である。むしろ、時々壊れるくらいが地元会社の永続のためには望ましい」。
確信犯的な意見ですが、地域の現状を見れば有効な反論も見いだせません。
いっそ、一定の条件下で官製談合(調整)を有効にするとか。

今日は、居室の変更について。 
  
[READ MORE...]
脱衣室の広さ
ここの所、ホームページの作成で、頭を悩ましています。カタカナの多い解説本は苦手です。
携帯やビデオのマニュアルも最低限必要な機能だけ習得したら、後はその内・・で済ましています。
後で聞いて、そんなに簡単な機能があったのかというのは再々です。
無機質な情報を有機的につなげて理解しようとする性(サガ)は、私だけでしょうか。
ローカルサイト-ああ、確かにここは田舎です。
リモートサイト-うーん、確かに離れた東京にあるし。
しかし、東京に住んでいる人は訳が判らなくて大変だなー。

今日は、脱衣室を広く使う、について。 
[READ MORE...]
階段と手すり
日付で確認すると、1週間のご無沙汰です。(昔こんなフレーズで始まる歌謡番組がありました)。
昨日で、今月の担当講義が終了しました。1.5~2時間のセミナーであれば再々のことでもあり、準備にそう時間も掛かりませんが、終日となると大変です。
3日間でどれだけのことを受講生に伝えることが出来るか、最初の取り組みでもあり、講義録もありません。スケジュールもどんどん押してきます。
ブログの更新も気になりながら、講師としての模範?プランも提示しなければなりません。
それやこれやで更新出来なかった次第であります。

授業の前にラジオ体操があります。今は別の言い方をするのでしょうか。我々の世代はラジオから流れてくる音楽に合わせて体操していたのでラジオ体操のほうが分かり易い。
しかし、愕然としました。流れは身体が覚えていますが、腕が上がりません、身体が廻りません。ワンテンポ遅れているような気がします。
講師の特権?で適当にごまかして身体を揺すっていました。

不養生のツケを確認したところで、階段手すりの話です。 
 
[READ MORE...]
階段について
講義資料の準備でバタバタしていて、なかなか更新出来ませんでした。
独立行政法人(厳めしい名称ですが)の機関で、住環境に関わる講座が発足し、その一部を外部講師としてお手伝いすることになっています。
講座期間は六ヶ月、長丁場の講座です。私がお手伝いするのはその内一週間程度ですが、受講生の皆さんは、半年間毎日六時間の講義を受けるわけです。大変な労力です。
こういう資質を持った方々が全国で誕生していただけば、高齢者の在宅生活に幾らかでも明るい兆しが出てくると考えます。

まあそう言う事と、本業もしなくてはなりませんし、晩酌の時間だけは確保しなければなりません。
結局、更新が遅れる次第です(堂々、キッパリ)。

言い訳が済んだところで。
今日は階段のお話です。

  

[READ MORE...]
階段~スロープ
今日のテーマは、ご質問頂いた事への回答ですが、同じ思いをお持ちの方もあるのかもしれない。ということで、ご質問者のメルアドをお伺いしていないため、ブログ上で解説させて頂きます。
ご質問の要点は、
・敷地が道路面より高い。
・母親が進行性の疾患を持っている。
・今は、辛うじて階段歩行も出来るが、何れ車椅子利用になると考えている。
・しばらくは手すり付の階段を設置し、必要になったらスロープの設置とする方がよいのか。
・しかし、スロープを作りたくても敷地高さに対して、長さが取れない現状である。
私が、お伺いしたのは次の点です。
・他のご家族の通行に、多少の不都合があっても宜しいか。
・車椅子を介助する予定の方の介護力は充分であるか。

「続きを・・」に、お電話でお伝えしたかったことを解説致します。
お読み頂ければ、酩酊朦朧とした脳機能では、言葉だけでお伝えすることが容易ではない内容であることがお分かり頂けると思います。

  
[READ MORE...]
ご質問について。
解説が充分でないためか内容についてのご質問を、わざわざお調べ頂いて遠距離電話で頂くことがありますが、勇躍晩酌に取り掛かっている事も多く、コメントで頂ければ幸いです。

「管理者にだけ表示を許可する」の前のを押して送信していただけば、ブログ上に公開されることなく私だけが見ることが出来ます。
メルアドがあればそちらに返信させて頂きますし、そうでなければ回答をブログでさせて頂きます。
酩酊モードからの素早いモードの切替は、体力的に困難になっています。
決してご質問を忌避するわけではありません。出来るだけ誠実にお答えしたいと思っています。
ただ、酔顔(見えませんが)でお答えが出来るほどの技量・体力がないだけです。
昨日、スロープについてご質疑頂いた方にも失礼があったかもしれません。
失礼の段ありましたらお詫び致します。いずれ、ご質疑の件はブログ上で解説させて頂きます。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
外出への備え。2
昨夕、東京にお勤めの方から電話を頂きました。ようやく宮崎へ転勤が決まったのだそうです。ついては母親と同居する予定なので、改造の打合せをしたいとのことでした。
定年近くなると故郷へ帰してもらえるのですね。大手の会社は全国に支社・支店があるので可能なんでしょう。寄らば大樹の陰という事でしょうか。
年老いた親と同居を機に、リフォームされる方は多いですね。しかし、自分たちの住んでいる家に呼び寄せて、というのは巧く行かないケースが多いと感じています。
外出が極端に減って、閉じ籠もり気味になる方が多いように思います。
馴染んだ近隣のお店や隣人達と切り離されて、新しい環境に慣れるというのは行動範囲の狭くなった高齢者には厳しいようです。
今回のお話は、母親の住む家に同居と言うことですから、その点の心配は無いことになります。

今日は前回の続きです。
 
[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。