アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術   ∟-段差への工夫
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内スロープ
団塊の世代について、昨今取り上げられることが多い。定年後の生活はどうあるべき・・、趣味は・・、地域と関わりの活動を・・。
入らぬお世話だ、ほっといて欲しい。
それより今、問題なのは若年層の教育ではないのかと思う。我々の心配より、我が子の心配をこそして欲しい。

小学校から英語の教育-国際人として通用する人間を?。
その前に社会人として通用する人間を。まず日本人になってから国際人になって欲しい。
自国の歴史や文化について語れない、無国籍国際人にはなって欲しくない。
数少ない海外経験で引け目を感じたのは、縁を持った人々が、それぞれの民族の持つ文化についてしっかりした知識と誇りを持っている事だった。
勿論、唯我独尊で他の文化や宗教を認めない狭量な国になっては困るが。

今日は、室内段差のためのスロープ?について。 
[READ MORE...]
スポンサーサイト
外出への備え。
先日、老後の”癒し”としてペットが取り上げられていました。
男女合わせて8割くらいの方が、癒しの効果を肯定しています。
しかしながら、現実には様々な問題があります。私の経験でも、その方の可愛がっていたペットが亡くなって、その悲しみから立ち直れないままの方も居られます。
体力・気力が充実している時ならいざ知らず、気力の衰えた方には容易には耐えられない悲しみのようです。
また、飼いたくても高齢世帯の自分達の余命を考えると、躊躇してしまうと仰る方も方も大勢いらっしゃいます。
愛情を注がなければ癒しとしての存在にはならず、注げば注ぐほど失ったときの衝撃は大きい。
安易にペットを飼うことをお勧めすることは出来無いように思います。

今日は前回の続きです。
 
[READ MORE...]
外出への備え。2
昨夕、東京にお勤めの方から電話を頂きました。ようやく宮崎へ転勤が決まったのだそうです。ついては母親と同居する予定なので、改造の打合せをしたいとのことでした。
定年近くなると故郷へ帰してもらえるのですね。大手の会社は全国に支社・支店があるので可能なんでしょう。寄らば大樹の陰という事でしょうか。
年老いた親と同居を機に、リフォームされる方は多いですね。しかし、自分たちの住んでいる家に呼び寄せて、というのは巧く行かないケースが多いと感じています。
外出が極端に減って、閉じ籠もり気味になる方が多いように思います。
馴染んだ近隣のお店や隣人達と切り離されて、新しい環境に慣れるというのは行動範囲の狭くなった高齢者には厳しいようです。
今回のお話は、母親の住む家に同居と言うことですから、その点の心配は無いことになります。

今日は前回の続きです。
 
[READ MORE...]
階段について
講義資料の準備でバタバタしていて、なかなか更新出来ませんでした。
独立行政法人(厳めしい名称ですが)の機関で、住環境に関わる講座が発足し、その一部を外部講師としてお手伝いすることになっています。
講座期間は六ヶ月、長丁場の講座です。私がお手伝いするのはその内一週間程度ですが、受講生の皆さんは、半年間毎日六時間の講義を受けるわけです。大変な労力です。
こういう資質を持った方々が全国で誕生していただけば、高齢者の在宅生活に幾らかでも明るい兆しが出てくると考えます。

まあそう言う事と、本業もしなくてはなりませんし、晩酌の時間だけは確保しなければなりません。
結局、更新が遅れる次第です(堂々、キッパリ)。

言い訳が済んだところで。
今日は階段のお話です。

  

[READ MORE...]
式台ー段差解消
介護保険の話を少し。
皆さんは、介護保険で20万円までの工事(対象工事:手すり等)について9割まで助成が出ることはご存じだと思いますが、これは一人1回(何度かに分けての利用は可能)の利用が原則となっています。
この制度には例外として、リセットという制度が有ります。
つまり、原則1回だけど、この様な場合には再び20万円使えるようにリセットしますよ、という制度です。
例外措置なので、対象となる方は少ないだろうと思いますが、先日、役所で話を聞いていましたら、ナント100万円使われた豪傑、もといお気の毒な方が居たそうです。
システムを眺めると、なるほどあり得る事だと納得しました。
詳しくはこちらで、リセットの詳細をご覧下さい。 http://www.ju-kankyo.co.jp/sikyugaku1.htm

今日は式台に付いて、です。  
[READ MORE...]
高い敷地への対応
記事が、重複する事がないように過去の記事をプリントして、点検しました。
ページ設定を最大にして、9ポイント文字で打ち出しましたら41枚になりました。
まあ、良く書き流したものです。一つの記事でA4紙2枚になるものもありました。
誤字脱字、意味不明の文章の流れ。説明不足、約束した記事の反故等々何でも有りの状況でした。めげずに進みたいと思います。脳の老化防止のためにも。

今日は、道路との段差が大きい敷地にお住まいの方からのご質問について。
 
[READ MORE...]
手すりの設置
身辺慌ただしくなってきました。
車道脇には知事選ポスター掲示板と、通常の数倍の、収集を待つゴミ袋の山です。
とても、ブログ何ぞを見ている暇はないとは存じますが。
今日は、手すりの設置にそんなに気を遣う必要があるのだろうか、というご意見にお答えしたいと思います。
ここにあったら助かる。必要と思う箇所が有ればそこに。
それでも良いのかもしれませんが、取りあえずご覧下さい。
[READ MORE...]
検索ワード3位-玄関
前回ブログを更新したその夜、夏布団をもう一枚押入から引きずり出しました。
暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、テレビのスイッチを切り替えたほどの印象で環境が切り替わりました。
支援が間に合わず、寒い夜を過ごされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
風邪など引かれてなければよいのですが。

当ブログの検索ワード3位は「玄関」です。
式台や段差の用語が関連付けられていることから、框段差の解消について検索されていると推理されます。

車いすでの框段差昇降については他の稿に譲るとして、ここでは歩行による框段差昇降について
考えたいと思います。

式台や踏み台が関連用語として使用されている状況から、それらを使った段差解消の手法が
一般的なのだろうと思います。
大工工事による設置と共に既製品の踏み台を使用した段差解消も良く見受けられます。
既製品の踏み台は、玄関に違和感なく納まる様に塗装や形状も洗練された製品が大半です。
しかし、一部の既製品には?マークが付くような製品も見受けられます。

式台による段差の解消 (クリックで拡大します。)
図面は玄関框段差を式台又は踏み台で解消した場面を縦に切り取っています。

式台1の問題点は踏み板の突き出しです。
大工さんによる工事でもこの状況はよく見掛けます。
こうした方が見た目にきれいな収まりになるのです。
加齢により、脳から出る指令と実際の身体の各部動作にずれが出てきます。
足上げ動作も同じです。
踏み板の厚みが2cmの時、指令と実際の動作に2cm以上のずれがあれば間違いなくつま先は
引っ掛かってしまいます。

一方、式台2には踏み板の突き出しはほとんどありません。
式台2の問題点は踏み板突端の丸面です。
踏み代が充分すぎるほど広ければそれほどの問題ではないかも知れませんが、そうでない場合
大きすぎる面取り(材料の端を丸めること)は靴下を履いた足裏を不用意に滑らしてしまいます。

既製品だけでなく大工工事による設置物にも見受けられる、転倒事故につながる危険な要素です。
式台や踏み台の設置の眼目は見え掛かりよりも安全です。

この点を頭に置いて、ネットで式台や踏み台の用語で検索してみてください。
思いの外、沢山の?マークが見えて来ると思います。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
質問-式台について
「折込チラシの間取りから」の続きは次回に。

ブログ右側に<ご質問など。>の欄があります。
この欄から時々ご質問が投げ込まれます。
大歓迎です。

お気づきで無いかもしれませんが、こうしたご質問を受けて過去の記事、さりげなく
説明不足の辺りを修正させていただいています。

時々は工務店さんからのご質問も頂いています。
先月も、そのご質問が切っ掛けで大分の工務店さんのお手伝いに行って
参りました。
建築関係の方も、お気軽にご利用ください。

コメントを良く頂く方に Junko mamaさん muccaさん がいらっしゃいます。

そのmuccaさんがブログを始められました。
クリック→ちょっとした工夫で効果抜群な 自宅での福祉住環境整備ノウハウ

事例の背景説明と対処策及びその効果まで分かりやすく説明されています。
また事前事後の写真も大きく、視覚からの情報も多く得ることが出来ます。
当ブログのリンク欄にもmucca101010(色々と、でしょうか?)でリンクしています。

表題のご質問について。
当ブログに訪れる方の検索ワードの上位にあるのが「式台」です。
今回のご質問の内容は、

「玄関框の段差が30cm近くあるので式台を設置したい。
しかし玄関土間が狭いため、式台を設置すると家族の日常用の履物を置くスペースが
なくなってしまう。
それでも安全を優先して式台を設置すべきだろうか?」

日常そう不便を感じていない玄関のスペースも、新たに巾30cm前後の式台を
設置すると、本当に履物を置くスペースが狭くなってしまいます。
ご質問の方の玄関も同じようなことでした。

式台の設置は手法であって目的ではありません。
目的はあくまで<段差の解消>です。
従って、フロアーの延長としての式台を設置するかあるいは土間の高さを
フロアーの高さに近づけることで段差の解消を図るかは、状況によって変わります。

ご質問の方のケースでは、一般的に木製の式台を設置する高さに土間のタイルを
貼ることをお勧めしました。
要は、靴脱ぎ台の設置とでも言えばよいのでしょうか。
但し、現状の土間タイルより明るい色調のタイルを貼るようにお願いしました。
暗くなりがちな玄関土間では、段差のある箇所の明示は安全につながります。

上がり降りに必要なペースが確定しましたら、靴脱ぎ台の上に日常用の履物を
置いていただいてかまわないと思います。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
バリアフリー化が容易なリフォーム
<先を見越した、バリアフリー化が容易なリフォーム>についてもう少し書いてみたいと思います。

いよいよ厳しい暑さがやってきたようです。
連日テレビや新聞等の報道で、電力使用のピーク時には停電事故も云々と言われています。
当然記事には不要不急の電気節約と節電方法などが書かれています。
そしてアリバイ証明のためか文末にさらりと、
「日中、高齢者がみだりにエアコンなどを切断しないように気を付けて頂きたい」
とも補足されています。

昨年夏にはひたすら、「とにかく熱中症や日射病に気を付けてください。高齢者は屋内でも
容易に熱中症に掛かります。エアコンの利用を」と連日、報道機関だけでなく職場や地域でも
呼びかけていました。
とんだ様変わりです。

ここで、私が行っている扇風機の使用方法を伝授いたします。
今回のことに関わらずエアコンにすがる家族を横目に、長年扇風機マイスターとして家族に君臨してきた・・?

初級的手法
・天井に向けて首振りをさせる。-熱い空気をかき混ぜるだけ。
・直接身体に風を送る。-朝はぐったり、命の危機も。
・アミ戸に向けて部屋の空気を送り出す。-何の効果も体感できず。
そこで編み出したのが下記の手法です。

        半丸の図形が、私が長年愛用の扇風機です。

・10cmほど開けた扉の隙間から扇風機で室内の空気を送り出します。
・ベッドの枕元の窓はアミ戸とし、風の入り口とします。

ポイント、
1.一方の窓だけアミ戸とし他の窓ガラスは閉めておきます。これにより、より強い
  単線の風のながれが感じられます。
2.扇風機の送風は、壁に斜めに当たって室外に出るようにします。より送り出しがスムーズです。
3.室外の廊下等の窓を1カ所以上アミ戸にしておきます。・・・物理です。

効果、
外気が強制的に取り込まれてすこぶる快適です。
タイマーで作動制限しないと身体を冷やしすぎるほどです。

弱点、
プライバシーが犠牲になります。
いびき騒音が、従来より屋内に拡散します。
夜間トイレに行かれる方は、けつまずかないように。

お願い。
効果を実感された方が、こういう方法もあるよと他の方々にお伝え頂ければ
少しは安全な節電につながるのではと思っています。<扇風機マイスターより>

表題については下記へ


[READ MORE...]


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。