アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術  ∟-手すり
FC2ブログ
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
コメントで思ったこと
先日コメントを頂いた方の内容から。

≪建築を専門的に学んだわけでも無く介護を本格的に学んだわけでも無く
たまたま福祉住環境整備に従事するようになってのめりこんでいます。
その為各分野の専門用語には疎く、動作分析にも方法論や理論はありません。≫
(投稿の方、無断借用お許し下さい。公開コメントでの投稿でしたので一部を抜粋させて頂きました。)

このコメントを拝見して、以前リハ職の方から「セミナーの時の資料にしたいので、貴方が住環境整備を行うときどの様な考え方で望んでおられるか教えて下さい。」とのご依頼があったときにお送りした文章を思い出しました。 

私は改修プランの立案において、その方の疾患やADLを主題として捉え、必要とされる環境を先ず考察し、しかる後建築技術的な可否の検討を行っています。

*注釈
(建築的アプローチを先行させたり、曖昧なままプラン立案を行うと「使えるはず。」
 「無いよりはまし。」「普通こうする。」といった言い訳に終始するプランとなりがちだと思います。建築的な考察を後にすることで、建築的なセオリーを無視してでも常に利用者の特性に沿うプラン立案を行う姿勢が出来ると考えています。)


1級建築士事務所を経営している友人が何人かいますが、小面積の住宅でも建築士に設計を依頼する方が多かった時代と違い、昨今は公共建築の設計を皆さんで分け合う(研究会=打合せ=?)状況となっています。
従って、個人々の身体事情に合わせた設計をするノウハウを持たれていない設計士さんが大半ではないかと思います。(勿論、卓抜した識見を持ち、活躍されている方々もいらっしゃいます。)
友人にしても、公共建築物のバリアフリー設計指針の資料を片手に設計をしています。いわゆる不特定多数の方々が対象のノウハウです。
しかし我々が対応しているのは、いわば”特定個人”の環境整備です。
自ずから出発点が異なっています。

要は専門的な建築知識よりも、どれだけ対象者に寄り添う気持ちがあるかの方がより一層重要だと考えています。

今年も福祉機器展が10月に開かれます。その中の面白い?記事から

[READ MORE...]
訓練風景2
昨日、市内のケアマネージャーさん達へのセミナーが無事?終了しました。
1時間でという制約の中ですので充分なお話しは出来ませんでした。今までの経験ですと、1時間半から2時間弱の時間でようやく一通りの解説が出来ると考えています。
しかし、暗幕を引いた薄暗い会場で2時間も同じ人間の声を聞くことは苦行に違いありません。

ましてや、練達の講師ならともかく私の・・・。

セミナー前日にお会いしたケアマネから、前週県央でセミナーを受けてきましたというお話をお伺いしました。立ち話だったのですが、曰く「手あかで汚れているところが手すりの必要な箇所だ」
「便器から立ち上がる際は身体を引き上げる縦手すりが有効だ、と聞きました。とても勉強になりました。」
とおっしゃっていました。
これは明日のネタになる。と思いました。

「手あかで汚れて・・」
これは一般の方にはそれなりに参考になっても、支援専門職には不十分な解説だと思います。

手掛かりがないところで何かの手掛かりを頼ろうとする高齢者、それは柱の僅かな出っ張りだったり扉の枠だったりします。その箇所が身体の安定を欠くほど遠くても手掛かりがそこにしかなければ無理にでも頼っていく。結果、そこに手あかが付く。
そこに手すりを取り付ければ、相変わらず不安定な姿勢で手を伸ばさざるを得ない。

また、移動の起点(例えば居室出入り口)となる手すりがどこに付けられるかで、その後の移動支点(手すり設置位置)は当然異なってきます。(片麻痺をお持ちの方ならなおさら)
それを、ここが汚れているからここにで、手すりの位置を決めてしまったら移動支点の連携が切れてしまうかも知れません。

「身体を引き上げる縦手すり・・」
便器からの立ち上がりは、より遠く頭を下げてお尻を浮かす。その支えとして縦手すりの意味があります。
当然、上体を起こしたときのふらつきを防ぐための働きもあります。
実際の動作はどうなのか。
縦手すりを掴み何度か立ち上がろうとするけど、途中まで浮かせたお尻がまた便座に落ちてしまう。気合いをこめて踏ん張ってようやく立ち上がることが出来る。そんな場面をしばしば目にします。
介護の技術として、テコの原理が再々言われますがこの縦手すりにはそれが見えません。まして「身体を引き上げる」という言葉には全然見えてきません。

お尻が作用点(上げる)頭が力点(頭の重量)であれば手すりに触っている手が支点になります。
テコの原理は、支点と作用点の距離が短いほど力点での力は少なくて済みます。
そうするとお尻に近いところに手をつく事が出来れば極少ない動作でお尻を浮かせることが出来ることになります。
そう考えると横手すりの位置は重要です。
横手すりの上に置いた手の肘を伸ばすのに力を要する高さでは支点にならないし、立ち上がろうとする際の体のバランスを取れる位置まで長さが無ければならない。
立ち上がれば横手すりに連続した縦手すりがある。

皆さん普通におやりになっていると思います。
ベンチの真ん中に座っていて、特別気合いも入れずに立ち上がる動作を。

導入部が長くなってしまいました。
訓練風景2は次回に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
便座と手すり
 体験装具というものがあります。視覚障害や移動障害を持つ方の生活状況を体験して貰うという装具です。
最近では、中高生にもその装具を付けての教育コースが組まれています。
良いことだとは思うのですが、指導の仕方によってはその不自由さを強調するだけに終わってしまうことがあります。
結果、自分はそうでなくて良かった。そうならないように気を付けよう。
又は、こういう不自由さを持つ人は気の毒だ。いたわらなければいけない。
それは体験の本来の目的とは違うと思うのですが。

ともあれ、講座でも装具着用での改修結果の検証を行います。
体験装具歩行
装具を付けての動作には個人々で大きな差があります。
着用の不自由さを克服してあり得ない(想定した高齢者には)腕力で動作が出来たことを誇りにする方。
過剰なほどの演技?を行いながら移動する方。
麻痺側の足を宙に浮かせて移動をしようとする方。

要は、対象となる方々の実像を知らないまま単に不自由さを与えられるからだろうと思います。
障害を持たれた方のボランティア登場でという構想もあったのですが、プライバシーの問題やカリキュラムスケジュールに合わせての参加は容易ではないということでお蔵となっています。

表題の話です。

[READ MORE...]
体験ゾーン
機関での次年度課程の打合せがありました。
私以外の、外部講師の方2名を加えての打合せ会議です。
最終的には上部機関の決済を待って本決まりとなります。

講師の方々と構想を練っていたプランも検討して頂きました。
従来の実習棟のスペースが空くので何かに活用しようということなのですが、体験ゾーンはどうだろうというお話しがでていました。

車椅子の走行体験をするに際して、臨時に合板等を組み合わせてゾーンを作っていたのを作り置きにしようという計画です。

出来るだけ予算を使わずに内々で作成出来る物をというのが骨子です。
私からも叩き台としてのプランを出させて頂きました。

以下。
[READ MORE...]
車いすと手すり
気が付けば3月は一度も書いていません。
パソコンが不調で、はらはらしながら操作しているのでやむを得ないのですが。

講師に伺っている施設の体育館裏に梅の木が立っていました。
3本の内1本だけにたわわに実がなっています。
誰のために実を付けているんでしょう。もっともすべて人間のためにと考えることが不遜なんでしょうが。
それにしても誰にも関わってもらえずに実を落としてしまうのもかわいそうな気がします
梅の木遠景 遠景では実の成り様が分かりませんが、
梅の木アップ こんな風です。

ここの施設は山の懐に包まれた高台にあります。
教育施設としては理想的な立地条件だと思います。野ウサギの糞も良く落ちています。
表題については下欄で。


[READ MORE...]
車いすと手すり2
桜もそろそろ散り始めています。
一方で梅の実がふくらんできています。やっと春が来たようです。
今年の冬は長かったような気がしています。いつまでも寒く感じました。
年のせいでしょうか。堪え生がなくなったような。

車いすと手すりの続きを。
[READ MORE...]
車いすと手すり3
ボランティア活動のチラシを作っていますがなかなか上手く作れません。
曰く
・家族が手すりを買ってきたが、高齢者世帯のため取り付けをあきらめている等。-取り付けのボランティア。
・手すりや擦り付け板等の設置を家族が行う場合のアドバイス。-位置や工法。
・不慣れな大工さんによる対応工事へのアドバイス。-プラン/見積もり内容
 等々。
未だに、ホームワイドで購入した洋服掛けステンレス棒を浴室に取り付けている大工さんがいるそうです。
事前申請の中身又は窓口でのアドバイスに、もう少し工夫が必要ではないでしょうか。

やっと-3にたどり着きました。以下


[READ MORE...]
立ち上がりの補助
給付金振り込まれていました。
世帯主である私の口座に振り込まれてきたのですが、家族から「私の分下ろしてきて!」。
手渡すまで、なぜか肩身の狭い思いをしたのは私だけでしょうか。

少なくとも我が家では、給付金騒動は終わりました。

立ち上がり補助については下記へ。


[READ MORE...]
手すり?柵?
今春第一回の草取りをしました。
いつもの通り、家人からは何のお言葉もありません。
考えてみると、たくさんの生命を人間の嗜好で引き抜いているわけですから、その上お褒めのお言葉などと期待する方が間違っています。
それも雑草などとひとくくりにして。
もっとも私には、花の咲く草花とそうでない草花の区別は付きません。キッパリ。
お言葉がないのは、もしかするとそれが原因かもしれません。
    <なにもかも、考えもなしに引き抜いてしまって>

ご近所の老婦人、雨が降らないときは良く庭で草取りをなさっています。
結構広いお庭ですから一通り済むまでに1週間くらい掛かります。
その頃には最初に作業した区域に小さな草の芽が出てきています。
そこからまた作業スタートです。
草が生えなくなる季節まで毎日々精出して居られます。
認知症がゆっくりゆっくり進んでいる穏やかな老婦人です。
以前より、少し痩せてこられたのだけが気がかりです。

手すり?柵?は下記へ
[READ MORE...]
失敗事例に学ぶ?
お盆で親戚回りをいたしました。
大半が隣県で冠婚葬祭以外ではお会いすることもないご親戚の方々なので、その都度親戚関係の確認が必要です。
懇談の話題がほとんど、孫又はひ孫さんのお話です。
そのくらいの年齢のご親戚がご参集です。若い方はあまり見掛けません。
この年代の方々が集まらなくなれば自然、集合体も小さくなっていくのでしょう。

今日はディに行った帰りだとか、孫が介護士になってとかそういった会話も多く聞かれました。
農協に次いで福祉施設も、田舎では若い方達の主な就職先になっているようです。

今、失敗事例に学ぶというタイトルの資料の作成準備に入っています。
こうした演題でのセミナーも予定していますので、準備は二本立てです。

資料を作るときいつも悩むのが筋立て・編成です。
縦糸をこれで横糸はあれで柄はこう入れて。
何のことだかお分かりにはならないと思いますが、
例えば、縦糸が工事メニュー横糸がADLそして柄が工事の必要性の多寡などに当たります。
これが巧くいけばスムーズに展開していくのですが、最初の構成に失敗するとどん詰まりに陥ります。
しばらくほったらかしで、何らかの切っ掛けによるひらめきを待ちます。

はまると数日で、概略出来上がってしまいます。
数日掛けてお化粧をします。
文章を校正したり写真を入れ替えたり、試し刷りで雰囲気を見たり。
その内飽きて来ます。
その日が完成日です。

それにしても原稿を準備していて感じるのは、”教えることは学ぶことだ”ということです。
私の場合は”伝えることは伝えられることだ”というのが正確だと思いますが。
年間120名くらいの受講生の方にあれこれお伝えしています。
年齢も20才くらいから60才過ぎの方までいらっしゃいます。
1期30名くらいですが、受講中の質問や疑問で、普通そんなことは聞かないだろうと思うことを問いかけて来る方がいます。
答えを用意していない質疑が出てくるのです。
立場上、当たり障りのない何らかの答えは取りあえずしておきます。
そして、そういえばなぜなんだという答え探しを懸命に行います。
その日かその翌日までには答えを準備します。
そして再度、質問者に質疑に対する詳しい答えを補完しておきます。
これで、いつか利用者さんから同じ質疑が出ても速やかに答えが出せることになります。

工事プランでもそういうことがあります。
プランの段階で?と思う工事プランであっても、致命的でない限り工事まで行ってもらうようにしています。
当然、上手くADLに適応していない工事ということになります。
しかし直接その工事部分に触っていると、別の意義が見えてきたりします。
想定している疾患には適応しませんが、こういう風に直接触ってみると別の疾患のプランの参考になるアイディアが浮かんできたりします。
頭からこんな工事はしないと思いこんでやらない。従って、出来た物を触ることもない。それが普通です。
でもここでは、取りあえずやってみようということが出来、現実に触ることも出来ます。
想定を超える効果をダイレクトに感じる事も出来ます。
これは最初の想定力そのものが貧弱だからです。
頭でこうに違いないと思いこむことと、実際に物に触ることとでは大きな差があります。

手すりの使い方も人それぞれです。
設置して頂いた手すりをそれぞれ使ってみます。
そうすると、「あれっ、それは予定と違う使い方じゃないの」という使い方をする方がいます。
何人も出てきます。
そうなるとこれは事件です。
事件は嘘ですが、何かの意味があることになります。
今度は、通常予定される使い方をその方達にやってもらいます。
感想をお聞きします。
ここで、なるほどそうなのかという貴重な情報を頂けるのです。
勿論、その方達は特別な感慨は持っていないだろうと思います。
むしろ、自分たちは間違った使い方をしていたのだ。今講師に正しい使い方を教わった、
とお考えだろうと思います。
別に意地悪でその事をお話ししないのではありません。
頂いた情報をじっくりと吟味して一つの方向性が出るまで熟成させる必要があります。
というと格好が良いですが、なに本当のところは、理解するのに時間が掛かるだけです。

若い頃、雪解け水の流れる川で修行したことがあります。
当然、相当な覚悟で水に入りました。
しかしその時、私が身体で感じていたものは生ぬるい覚悟を遙かに超えたものでした。

いろいろな実験に直接携わらせて頂ける今の環境は本当にありがたいと思っています。
ブログを通して、少しでも皆様にお返しが出来ればと考えています。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード