アクセス解析
レンタル掲示板
中高年のためのリフォーム術   ∟-トイレ室
 
中高年のためのリフォーム術
日々の、障害者や高齢者の住環境整備業務を通じて思うあれこれを綴ることで団塊の世代の応援歌としたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレのリフォーム
 リフォームに関するアンケートによると、男性は一番にトイレを挙げ、女性は浴室のリフォームを一番に挙げるそうです。感性の違いなのでしょうか。しかし、老後に備えたリフォームとしては、やはりトイレの使いやすさが一番だと思います。
現実的な話として、入浴しなくても人間は死ぬことはありません。浴槽に入らなくても身体を清潔にする方法はいくらでもあります。そのことで傷つくこともそうありません。
しかし、排泄は別です。個人的な空間で排泄することは尊厳を保つ上で重要な行為です。少なくとも我々日本人はそうだと思います。

 リフォームでトイレの改造を行った事例を挙げて検討してみます。
広い

あまりきれいな写真ではありませんが、様子は分かると思います。
将来の介護が容易なように、広いトイレ室の真ん中に洋式便器が据わっています。なるほど、左右どちらからでも介護が出来る訳です。車椅子が必要になったら、進入も可能かも知れません。
 しかし待たれよ。「待てとお止め為されしは身どもがことで・・」
これほど壁が遠いと、手すりを付けることが出来ません。座った姿勢を維持出来ない方は(座位での体幹の維持が出来ない・・業界表現です)手すりを使うことで姿勢を維持します。このトイレ室の場合は、排泄中どなたが支えていることになるのでしょう。思い込みによる工事例です。

 右に見えるのは男子用小便器です。トイレの改造で、しばしば邪魔者扱いにされて撤去される哀れなヤツです。男女両用の便器に対して唯一男しか使用しない設備です。何とか男のメンツにかけて残したい。いや、そうではありません。
 洋便器で排尿するためには、
1.立って行う。(酩酊したり、体幹の安定が保てない時は、黄金のシャワー、夫婦げんかの元になります)
2.座って行う。(ズボン・下着を降ろして、座って、立って、下着を上げて、ズボンを上げて)結構ややこしい動作です。間に合わない時期も来るかも知れません。
小便器の廻りや前方に手すりを付けると安定します。動作も簡単です。ジッパーを降ろして・・て、終わったらジッパーを上げる。手洗いも忘れずに。
 まだまだ、問題の多いトイレです。後は後日に。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
スポンサーサイト
トイレのリフォーム・2
 前回に続いて、トイレの話です。

 トイレ関係の設備を選択するのに、皆さんはどの程度の要望や指示を出されているでしょうか。
ウオッシュレット機能と暖房便座、器具のカラー位でしょうか。そのほかは、施工業者や設備屋さんからのお勧めや説明のなかで満足して居られるのではないでしょうか。

 器具本体の話から始めましょう。 
1.先ず便座の高さ。
    ・私が便器の取替の場で施主にお聞きするのは、
     ご家族の中でトイレの長い方がいらっしゃるかどうかです。
     読書タイムはもちろん除きます。トイレタイムが長いのが、
     若い方であれば問題ありません。
     問題なのはあなたとその連れ合いです。前回の写真の便器は
     実は便座までの高さが38cmなのです。
     低すぎて立ち座りに困難を来していました。
     ところで皆さんは、ご自分のお家の便座高
     さをご存じでしょうか。 

          
[READ MORE...]
トイレのリフォーム。3
 飽きずにトイレの話。

  洋式便器への取替を前提に話をしていますが、老後に向いた和式便
  器のメリットは思い浮かばないのです。それでもパブリックでは、  今でも和式便器が結構人気なのです。特に女性用個室に於いて。
  誰が座ったか分からない便座に座るより、多少しんどくても和式の
  方が安心出来ると言うことのようです。

 それでは機能編。
   ・最近の便器には、これでもかというように様々な機能が付いています。
   ・ウオッシュレット各種機能、暖房便座、リモコン、温風乾燥、サウンド機能、オート洗浄、
    オート開閉、室内暖房などなど。実はもっとあるのですが。
    それらの中で老後に備えてこの機能は付けて欲しいものを挙げます。
     
 
[READ MORE...]
トイレのリフォーム。4
 今日は、便座の話から。

皆さんは、便座の大きさ(お尻を乗せる丸い穴)に大小があるのをご存じでしょうか。
若くて肉置(ししおき)たっぷりの時はいざ知らず、年を取って痩せて貧相なお尻になったとき、大きすぎる便座は困った事態を引き起こすことがあります。
特に、スマートで楚々とした小柄な奥様をお持ちの場合は要注意です。

以下は「リードモアへ」。
[READ MORE...]
トイレのリフォーム。5
今日もトイレの話。

その前に、コメント頂いた”おもっちゃんさん”の事を。
広島の地でハウスクリーニングを業となさっています。而してその実態は、「福祉住環境ネットひろしま」の理事長さんでもあります。まさに八面六臂のご活躍です。
頂いたコメントで、書き忘れていたことを思い出させて頂きました。
[READ MORE...]
居室の変更について
余所事だと思っていた県政のゴタゴタが、我が県でも起こってしまった。
時あたかもゴルフマンスリーで、ゴルフトーナメントで注目を浴びるはずが、不祥事で注目を浴びることになった。非常に恥ずかしいことです。
公共事業関連の事業を営む友人は、「地域の関連企業を守るためには談合も必要悪だ」と宣(のたま)う。
過疎地の役場に勤める知人は、「道路が未整備な時代は、作業員が村内に宿泊して工事の期間中村内を潤してくれた。道路が二車線になり日帰りでの送迎が可能になった今、苦労して認可を受けた事業も住民にメリットが無くなった。地元住民を雇用する地域の会社に請け負わせたいのは当然である。官製談合は無くならない」。
又、こうも言います。「恒久的に保全出来る工事は行いたくない。大規模な工事であれば地元の小さな会社は参加に預かれないし、技術的にも困難である。むしろ、時々壊れるくらいが地元会社の永続のためには望ましい」。
確信犯的な意見ですが、地域の現状を見れば有効な反論も見いだせません。
いっそ、一定の条件下で官製談合(調整)を有効にするとか。

今日は、居室の変更について。 
  
[READ MORE...]
ユニットバス
正月明けに、知事選挙があります。今までは夏の改選期だったので、候補者の方は終盤、真っ黒に日焼けしていました。何せ南国の選挙です。
しかし今後は、任期中に事故がない限り、毎回冬季の熱い選挙戦になるそうです。
夏ならともかく、冬、車の窓を開けて連呼する。凍えてしまいます。
告示になったら選挙も終盤とのことで、正月前から水面下の選挙運動となるのでしょう。
それでなくとも慌ただしい年末が、一層慌ただしくなりそうです。

今日はユニットバスの導入について。 
[READ MORE...]
トイレ ワンルーム化?
大手スーパーのイ○ンが、定年を65才とするそうです。当初は本体のみで、徐々に系列の事業にも拡大の方針とか。
先日の新聞でも、働ける内は働きたいと考えている方が、多くなってきているとの記事がありました。
”節々の動く間は働かん、かなわぬ事は神に託して”
ライオンズの諸先輩を見ていると、60代でリタイヤというのはあり得ない気がします。
ガンバレ不良中高年。

今日は、トイレと洗面室をワンルーム化した方が良いのかという、過日頂いたご質問にお答えします。   
[READ MORE...]
「加齢対応」リフォームへのご質問 3
東国原氏が宮崎の知事に就任してからこっち、
宮崎県を全国区にする出来事が続いています。

1.就任直後の鳥インフルエンザの県内での発生。
2.その後のメディアへの露出度ナンバーワンの知事の動向。
3.任期末の口蹄疫の発生。
4.後継知事就任と同時の鳥インフルエンザの再発生。
5.そして今回、鹿児島との県境にある新燃岳の噴火と続いています。
いつになったら、宮崎県民は静かな生活を取り戻せるのでしょうか。


・清掃が容易なゆか、壁の仕上げ材。については下記のようにお答えさせて頂きました。
タイルを床・壁に貼っているお宅で、実際に水を流して掃除をされているお宅は
ほとんどありません。
それは、水を流す必要があるほどには汚れないこと。
濡らしたら短い時間では乾かず、次の使用に差し障りがあること。
が根拠のようです。

それではトイレ室の改修に当たっては、床・壁の材料に
それほど神経を使わなくても良いのでしょうか?

・Aさんちの場合。
廊下から引き戸を開けるとそのまま続く段差のないフローリング床、
壁には明るくおしゃれな柄のビニールクロス。
(工事直後はともかく、年数と共に床のフローリングが点々と変色してきます。
便器を囲むマットも効果は限定的のようです。
壁の下方にもシミが出てきています。奥様がご主人に口やかましくおっしゃいます。
「外に散らさないで、座ってしてください。」ご主人、「男たるもの・・ブツブツ」)

・Bさんちの場合。
ご主人が脳血管障害で入院中に和式便器を洋便器に取替。
トイレ室床は廊下と段差のないCFシート貼り、壁はクロス貼り。
(退院されたご主人は認知症も発症していました。
新設した洗浄便座のリモコン操作が良く分かりません。
排出されない便に驚いたご主人はどこかに隠そうとします。
異変に気付いた奥様はトイレのドアを開けて唖然としました。
懸命な清掃も巾木裏までは届かず臭いを絶つことが出来ません。)

CFシート
ビニール系のシート床材です。着色された塩ビシートの中間層に発泡層があり
クッション性があります。CFはクッションフロアーの略称です。
巾木
Bさんちの場合、床のCFシートと壁のクロスの突き当たる箇所に壁に添って貼られた
巾6cm位の塩ビ性の薄いシートを言います。

加齢に対応したトイレ室の改修では、ゆか・壁ともに仕上げ材料はCFシートを
推奨しています。
壁は、下地材料として厚さ12mm以上の合板を張り、その上にCFシートを張り上げます。
張り上げると言っても天井までという意味ではありません。
通常、床から120cm~150cm程度になります。
床のシートとの突き当て箇所には同質材料ですので巾木は必要ありません。
コーキングで処理されます。

清掃が容易なことはもちろんですが、巾木がないためBさんのケースでも事後の
処理負担が軽減できます。
また壁下地に合板を用いることで、先行き必要になるかもしれない
手すり始め各設備の設置が容易になります。

ご質問者への回答のご紹介はここまでに。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。  
 リスト→ http://jukankyo.web.fc2.com/blogl-list2.htm
 当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html
ペーパーホルダー
実習棟のトイレ間取り?が変わりました。
今まで奥長のトイレ室の側方に扉がありました。

言い換えると、側方から便器に接近するタイプだったものを
扉の位置を正面に変更し、正面から便器に接近するタイプに変更しました。
高齢者に対するトイレ間取りとしては後退したものになります。

内開きのドアを開くと▲5cmの床段差、正面には兼用和式便器。
ここが原点で、想定する高齢者の状況に合わせた改修プランを立てます。
この間取り変更で、以前より課題が少し難しくなりました。
次段で行って頂く、車いす利用者対応の改修プランにも影響してきます。

片麻痺を持つ、要支援1の軽要介護者対応トイレ改修です。
・とびらを外開きに。
・床段差をすのこで解消。
・和式便器にかぶせ便座を乗っけて。
このあたりは順当に。

講師からの指導
・手すりの取付位置はかぶせ便座を設置してから決定のこと。
・ペーパーホルダー取付位置は担当班で討議決定のこと。

今回検証時、ペーパーホルダーは麻痺側の壁に付いていました。
「どうしてこちら側に?」
「全員で両方試してみたけど、麻痺側の方が扱いやすかったので」と、担当班の面々。

以前のトイレ間取りでは、麻痺側に開口部があったため、口頭でしか麻痺側への設置の
有効性を伝えられませんでした。
しかし今回は健常側・麻痺側とも選択出来る状況でした。
そうした中での気づきです。

頭の中で考えると、健康な手が使える方に設置した方がと考える。
しかし実際に便器に座って、仲間が押さえてくれているホルダーからペーパーを
引き出してちぎってみる。

壁から10cmも飛び出しているホルダーに同じ側の腕を操作してみると
可動域が詰まってスムーズな動作が行えない。
むしろ反対側の壁に腕を伸ばす方がずっと動作がスムーズになる。

メーカーのカタログにも責任があると考えています。
便器を手前に側面壁を写した写真。
宣伝品の手すり・リモコン・ペーパーホルダーすべてが同一壁面に。
別の項ではさりげなく、(手すりの位置とペーパーホルダーが干渉する場合は手すりの
位置を優先して)

手すりが適正な位置に設置されていることは大切な要件です。
同じように、後始末用のペーパーが容易に取り出せることも障害を持たれた方には
大切な要件です。
ワンハンドでカットするホルダーも一般的になってきていますが、それでも
一定の巧緻性がなければうまく操作できない場合もあります。
設置位置も巧緻性に大きく関わります。

今一度、お手元のトイレのカタログをご覧ください。

手すりの設置された大半の場面で、かなり低い位置にホルダーが設置されているのに
気付かれると思います。
写真によっては便座の高さと変わらない設置位置のものもあります。
健常者でも不便を感じます。
まして、障害をお持ちであれば。


スレッドタイトルと内容が一致しない事もままありますので、ホームページに2011年4月までの過去ログの検索ページを設けています。
 http://www.ju-kankyo.co.jp/blogl-list2.htm
当社の業務の有り様については下記記事で。
 http://jukankyou.blog49.fc2.com/blog-entry-218.html


釣 書(つりがき)

いもがらぼくと

Author:いもがらぼくと
「城山の鐘 なりいでぬ 幼なかりし・・」城下町・宮崎県延岡市の地で、疾患を持たれた高齢者の住環境整備や老後に備えたリフォームを専門とした建築会社「住環境デザイン社」を経営しています。

年齢は団塊世代の末席。
趣味は「釣り道具の手入れ?」としておきます。



カテゴリー

お急ぎの方は(表題については下記へ)以下をご覧ください。



ご質問など。

お名前は匿名でも構いません。 こんな事をと思われる事でもどうぞ。

お名前又はハンドルネーム:
メールアド:
お住まいの地域名:
ご相談・ご質問内容:

記入終わりましたらOKボタンをポチッと。 可能な限り早めに返信させて頂きますが、 頭を絞るお題を頂いたときはお時間を。



最近の記事です。



最近頂いた又返信させて頂いたコメントです

昨今のweb状況から承認方式にさせて頂いていますので投稿ネームにはご注意を。



私のブログ内の検索が出来ます。

結構使えます。カテゴリーに拘わらずあちこち書き散らかしていますので、お時間の節約になると思います。

「手すり」とだけ入力するより「手すり(スペースキー)便器」のように検索して頂くと効率的です。



お付き合い頂いている方々のHPです。

このブログをリンクに追加しようかなという奇特な方はこの文をポチッと



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。